FC2ブログ

記事一覧

【実録】経験者が語る自己破産後の生活・仕事への影響

カードイメージ_V



自己破産後にどうなるのか、経験者が気になる疑問に答えます。私は2013年3月に自己破産をしました、その時の経験を活かして今この記事にたどり着いた方に少しでも役に立つ記事を書きたいと思います



過去私も自己破産を考えた際や自己破産後にも色々とネットを検索してはいろんなサイトの記事を参考にしていました、(たぶん1000回以上は検索したと思います(笑))検索している中で、中には本当にためになる情報もありましたが広告目的で記事を書いているものも多く全く参考にならず非常に大変な思いをしました。



本当に知りたい情報を探すのにとても苦労したので、私自身が体験したことや知識として得たこと、これから自己破産を考えている方、及び既に自己破産をされた方なら絶対知りたいと思う情報を記事にします。



私はライターでもないので記事の文面で見づらい部分もあると思いますがその辺りはご了承下さいその分リアルな情報を届けます。



1、私が自己破産することになった理由

2、そもそも自己破産とは、なにか。

3、自己破産のメリット

4、自己破産のデメリット

5、自己破産後の生活(実体験のリアルな話です)

6、自己破産後の仕事(実体験のリアルな話です)

7、5年経過した現在の状況

8、自己破産を検討されている方へのアドバイス




男性悩む2_V



1、私が自己破産することになった理由



最初に結論から言っておきます。自己破産することになった最大の理由は色々と要因はありますが一番は「身の丈を考えず見栄を張りすぎた」からです。(ノ_<)



私は21歳からアパレルの会社で仕事をはじめ22歳の時には店長を任され24歳の時には全店を統括するMGRへ昇格した際に月給手取りで50万ほどをもらえるようになっていました。私は心の成長が若さもあり自分の欲を抑えられず給料もらった分、使っていました



仕事上では部下や同僚に奢りまくり、プライベートでは車・女・住居にお金を使いまくっていました。もちろん給料50万程度では全然足りなかったので、カードローンの借入やクレジットカードでカバーしていました。(;д;)



気づけば借金が500万にまで増え、月の返済だけで30万~50万とかなり苦しい状況に陥ってしまっていました。その時26歳です。自分でも何とか金銭感覚を戻していかないとやばいと思ってはいましたが中々、贅沢な生活から抜け出せず仕事で結果出して稼げば何とかなると考えていました。



27歳の時に6年ほどいたアパレルの会社を辞めて転職をしました。転職した会社は営業会社であったので固定給にプラス歩合がつく給料体系でした。



22万+歩合で最初の半年はなかなか営業が上手くいかず歩合が取れなくて、苦しい状況が続きその時もやりくりするためにクレジットのリボやカードローンを使いながらなんとかしのいでいました。



その後転職先でも仕事が順調になり歩合や固定給も上がり毎月の収入が40万~50万位になっていました。ただ、支払いがきつく借りては返す繰り返しながらだったので借金の元金は全く減らずの状態が3年ほど続きました



そして私が30歳の時に6年ほど付き合っていた彼女に子供が出来てしまい結婚することになり、それをきっかけにいよいよ借金を何とかしないとやばいといくつか借金をどうにかする方法を調べ始めました。



最初に考えたのが任意整理でしたが、司法書士に相談したところ私の借金状況では任意整理ではなく個人再生を選んだほうがいいと言われ個人再生をお願いすることになりました。



そして無事に個人再生が適用されo(^▽^)o毎月の借金返済額が下がったので、これで何とかなると思っていました。



コイン 万札



しかし1年ほど経過し、個人再生は完全に借金がなくなるわけではないため毎月の支払にプラス結婚したばかりだったので引っ越し等他の出費も多く結局苦しい状況は変わりませんでした。



そこで再度司法書士の先生へ相談したところここまで来たら、自己破産をしたほうが良いとアドバイスをもらい色々とネットで調べて不安もありましたが、今の状況を自分では変えることができないと思ったので自己破産することを決めました。

※自己破産の流れや手続きに関してはこちら



その時に一番心配だったのが家族にばれないか?仕事上で何か問題はないのか?今後一生クレジットやローンが組めなくなるのか等、正直めちゃくちゃ不安。゚(゚´Д`゚)゚。でした。



ただ私は性格的に何とかなると直ぐに考えるタイプなので、不安はありましたが自己破産を申請しました、そして無事に免責が下りて晴れて借金がなくなりました。



※その時に迷惑をかけた会社(覚えている分なので全部ではないです)

・ア〇フル(300)

・〇ロミス(50万)

・クレジットカード3枚ほど(200万)




免責が下りた2013年3月から私の生活や仕事上でどうなったのか経験談をお伝えします。ちなみに、現在2018年10月時点で私はヤフーカード・アメックスのゴールド、他クレジット1枚を所有しており何不自由なく生活が出来ています、ようは何とかリカバリーできています。



すがすがしい男性TP_V




2、そもそも自己破産とはなにか。




自己破産(じこはさん)とは、ものすごく簡単に言うと裁判所に破産申し立てを行い、免責許可をもらうことで借金を免除(なかったことに)してもらう方法のことです。



裁判所が申し立てた人の収入と借金額を考慮し「この人は支払い不能である」と判断した場合は、すべての借金(税金の滞納は免除されない)の返済を免除してくれることになります。



要は、もう支払うことが無理だからお上の権限で借金をチャラにしてやると。



人は人生の中で失敗することもあります、一度失敗したら、はいそれで人生終わりのようなことにわならず借金で死んだりする必要もなりのです。ただギャンブルなどで作った借金がメインであれば免除されないようです、そりゃ当たり前ですよね(´д⊂)。



多少のギャンブル(パチンコ)などで作ってしまった借金であれば上手くごまかしていけると思いますが、その人の生活状況など細かく申請の際に報告する必要があるためギャンブルだけで借金を作った方は自己破産するのは厳しいかも知れません。



私も借金している際にパチスロなどもやっていましたが、その辺りは言わずに通しました。



もちろんできるだけ自己破産はしないほうが良いですが、どうしても苦しい状況になった場合に私の実体験で言うと再建できるチャンスがもらえる自己破産は選択肢の一つとして考えておくべきだと思います。



私も自己破産の制度で人生を投げ出さず助けられた(どちらかというと成功者の部類に入る)一人なので。今考えるとあの時自己破産の道を選択してよかったと思っています



自己破産の手続きや方法については、また以下の記事をご覧ください。

※自己破産の流れや手続きに関してはこちら



札束 男性




3、自己破産のメリット




自己破産の経験者である私が思う自己破産をするメリットを伝えたいと思います。



1、 借金が0になるので生活が安定する。

まずこれが一番ですよね、そのために自己破産するわけなので当たり前ですが。他の債務整理方法では借金が一部残っていまいますが自己破産では完全に0になります。滞納している税金などは免除されないようです、私の場合税金の滞納はなかったので特に問題ありませんでした。



2、 特に誰にも気づかれない、普段通りの生活ができる。

自己破産を考える際に誰かにばれないか気になりますよね、一応ばれるリスクはありますが上手くやればバレたりすることはないと思います、人知れず借金がなくなるといった感じです。



家や車などの資産をお持ちの場合は手放すことになることもあるようですが私のように賃貸に住んでいれば出ていく必要などはありませんでした。



yarareta_V.jpg




4、自己破産のデメリット




自己破産はメリットで借金が全額なくなるメリットがありますが、もちらんデメリットもちゃんとあります。ただデメリットをしっかり理解して対処していけば何とかなりますし借金で苦しい思いをしている状況であれば、どちらにせよ人生棒に振ることになることになるので、デメリットをあまり意識しすぎない方が良いと思います



1、5年から10年はローン・クレジットカードなどが使えなくなる。

これは当然ですがローンやクレジットで借金をした人に対してすぐにまた同じようなことにならないよう5年から10年ほどは借金できないようになっています。



ただ、法律で自己破産した人は借金をしたらダメとかは決まっているわけではなく自己破産した事実が官報にのるため、その情報を金融機関が取得しその情報を特定の機関(CIC・JICC・全国銀行協会)に掲載されるため新しく借金をしようとしても審査でNGになります、いわゆるブラックリストになると言うことです。



しかし、CIC・JICCは掲載期間が5年間なので、実は5年たつとクレジットカードやローンなど組める可能性があります、次のテーマで詳しく書きますが私は5年たったあとにクレジットカード(アメックスゴールド・他クレジット2枚)を所有できています。なので一生クレジットカードやローンが組めないわけではないので少しの期間我慢すれば良いのです



※※おすすめ記事↓↓

【必見‼】喪明け後におすすめのクレジットカード教えます!



3、 財産の没収や一部の職業規制が掛かる。

以下の財産(資産と見なされる)は自己破産時に没収される可能性があるようです、私は特に財産(資産)を当時はもっていなかったので、特に問題はありませんでした。



・現金換算で99万円を超える場合

・預貯金の残高が20万を超える場合

・不動産(ローン残が2倍に満たない評価の場合)

・退職金(見込み額が160万円を超えた場合)

・保険の解約返戻金が20万円を超える場合




破産の手続き開始から免責許可の決定が確定するまでの間は以下の職業につけません。

※この期間後は問題なく以下の職業でも就けるようです。



該当の職業についている方は少しハードルが高いかもしれないですね、手続きから免責確定までの間は職業として付けないわけなので会社とかにばれる可能性が高くなるので、あきらめそうな方も多いのではないでしょうか。



・弁護士、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士などの士業

・質屋、古物商

・生命保険外交員

・宅地建物取引主任者

・警備員






この期間の仕事をどうするかが問題ですが、免責が決まれば上記の職に復職することは可能です。



悩む男性




5、自己破産後の生活(実体験のリアルな話です)




ここからは私の自己破産実体験をお伝えしていきます。まず自己破産時にもっとも気になったのが家族や仕事上でばれないかですが、結論私は一切バレませんでした



自己破産をすると官報に情報が掲載されますが、一般の人はそもそも官報なんて見ませんので、そこでばれることはあり得ないです。



だた、その官報の情報で自己破産者に向けて一切にDMを出してくるサラ金業者がいますので、いきなり金融会社から宛先や名前も記載されたDMが送られて来るわけなので家族と同居している場合、上手く対処する必要があります



私の場合は1~2か月の間で数枚程度だったので上手く家族に不審がられることなく切り抜けましたがネットで調べたら結構大量にDMが来る場合もあるようなので、どう対処するかは考えておく必要があります。



例えば家族(親や嫁)に不審がられそうになる前に、変なサイトに引っ掛かり住所がばれたので変なDMが送られてきているとか事前に言っておきましょう。



職場でも基本バレるような要素はないですが、まれに会社でクレジットカードを申し込まないといけないケースもあるかもですが、その場合は上手く断って現金主義とか言って切り抜けましょう。



ほかにバレる可能性があるのが、今まで支払いでクレジットカードを使っていた方がいきなり全くカードを使わないと怪しまれる可能性もありますので、デビットカードなどを上手く駆使して切り抜けましょう。



オススメは三井住友VISAデビットですね、私はこれでかなり助けられました。普通にクレジットカードとして使えるため、まったく違和感がありません。



これで家族と職場でばれずにいけば、あとは現金主義に変えるだけで生活は問題なくできるようになります。私の場合、転職し会社で順調に出世して給料も上がってきていたので何とか現金で回すことが出来ていました。



家族からも特に不振がられることもなく、自己破産後から5年間は現金主義を貫いていました。ただ生活をしているとどうしてもクレジットカードが必要になるケースも多くありその時は三井住友VISAデビットで切り抜けていました給料振り込みも三井住友だったのである程度いつも預金額を残していたので、上手くやりくりしていました。



正直クレジットカードがないと不便であることは間違いないです。なので私は5年たったら絶対にクレジットカードを持てるようになりたいと思ってがむしゃらに仕事を頑張りました。



※喪明け後に申し込むべきクレジットカードはこちらの記事



年齢も30代半ばになってきたので、さすがにクレジットカードも持っていない自分が恥ずかしく、仕事上でも大きな金額を立て替えておくこともあり、かなりきつい時期もありました。



あと、なぜ私が嫁にばれずに上手く切り抜けられたかと言うと、最大のポイントは嫁に一切家計を見せなかったことです、お金の流れや支払いを全て自分で握っていたので嫁には破産のことはバレずに行けました。これはできればやった方が良いです。



カード支払いイメージ




6、自己破産後の仕事(実体験のリアルな話です)




私は29歳の時に現在の会社に転職しました、印刷系の広告代理店で営業職として採用され20代は会社内でTOPのセールスを出せるほど仕事は順調にいっていました。



私が自己破産をしたのが30歳前半の時でした、仕事上での役職は次長で給料も歩合込みで月に50~60万はもらっていましたが、部下も20名ほど抱えておりよく飲みにつれて行っていました、毎回私が奢るのが当たり前でしたので自己破産後も上手く現金とVISAデビットを使い支払いをしていました



ただ毎月の収入以上は使えないので、月末になると何とか金を使わないで良いよう夕方会社に戻らず家に帰るなどつらい寂しい時期をすごしていました。



あと仕事上で一番困ったことは出張費などの立替金です。私の会社は大阪が本社で主要地方都市(仙台・名古屋・広島・福岡・札幌)に支店があり立場が昇格するたびに地方の支店へ出張する機会が増え、1回で10万円後使うためかなり厳しい状況であったので、毎回仮払いという制度で使い事前に出張に使う費用を仮払いで会社からもらう形をとっていました。



あまり会社で仮払いを使う人が少なかったので、(仮払いができる金額が最低10万~)となるため10万以下の出張では仮払いができないので、上手く5万以上になるよう、出張期間を工夫しながら仮払いを行いながら何とか切り抜けていました。



あと、何度かありましたが部下と飲み屋に行った際にデビットカードの残高が足りずしかも現金も足りなかったときに焦ったことがあります。その時は部下の1人に嫁にカード使ったら今怒られるからとりあえず部下のクレジットカードで支払って立て替えておいてと切り抜け後日部下に現金を返すという面倒なこともしていました。



カードを持つイメージ




7、5年経過した現在の状況




自己破産から2018年10月現在で5年と7ヵ月が過ぎていますが現在の私の状況をお伝えしますと以下になります。

・年収1300万

・中堅企業 従業員450人

・役職 取締役、勤続14年

・賃貸、既婚、子供2人




自己破産後から5年経過した段階でクレジットカードを申し込んだらあっさり審査通過してカードを持てるようになりました、最初の1枚はYカードでした。



色々ネットで調べて一番通りやすそうだと思い申し込みしてみました。ネットから申し込みを行い1日ぐらいは掛かりましたが無事に通りました。その後にアメックスのゴールドを申し込みしたらすんなり審査が通り、メインカードとして現在大事に使用しています。



実は、自己破産してから3年目ぐらいに我慢できず数回クレジットカードの申し込みをしてみたのですが、もちろん全て否決となっていたので5年たった時でも通るか不安でしたが無事に取得することができました。



ただ銀行系の金融カードについては全国銀行協会が10年消えないようなので10年間は審査を通過するのは無理なようです。



最初のYカードの審査画面がOKになった時にものすごく感動しましたね、枠が20しかありませんでしたが、やっと普通の人になれたと思い涙がでました。

※喪明け1枚目のクレカ選びの参考記事はこちら



カードイメージ_V




8、自己破産を検討されている方へのアドバイス




自己破産の経験者である私から現在自己破産含め債務整理を考えている方へのアドバイスとしては、首が回らず苦しんでいるなら、早く行動して手続きを行った方がいいです。



任意整理や個人再生で再建できるならその方がいい場合もあるでしょうが、普通の人で年収が300~400万ほどで借金が500万以上ある場合は自己破産をお勧めします



任意整理や個人再生の場合でもブラックリストには乗りますし金融機関で情報が回りほぼクレジットやローンを組めなくなります



自己破産できる条件がそろっているなら絶対に自己破産して人生を再スタートしたほうが良いと思います。ただし,自己破産後の人生で豊かに暮らしていきたいと思うなら仕事を猛烈に頑張る必要があります。



今いる会社でどんなにきつく苦しくても辞めずに頑張りましょう。私は現在一定のスタータス(年収13000万・会社役員)を手に入れています。 それも自分には後がなくやるしかないといつも思っていたから仕事でどんな時もあきらめず貪欲に取り組んでいけました、その結果仕事上で成果が出せて出世していけました。



喪明けすぐにアメックスのゴールドを取得できるぐらいのステータスには慣れたので、今人生を後悔しながら悩んでいる方でも前向きに気持ちを切り替え、自己破産という選択をしたなら、後は前を向いて進めば道は開かれると思います。



他の記事では、手続きのことや、喪中のふるまい、どうしてもお金が足りなくなった時の対処法、喪明けにクレジットを所有するために極意など私が体験したことを詳細な記事していきます。



この記事を見てくれている方に少しでもお役に立てるような情報を書いていきます。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

自己破産経験者が教える、喪中のアメックス審査難易度! Oct 28, 2018
Yahooカードの国際ブランドはJCBとVISAどちらが良い? Oct 24, 2018
Yahoo japanカードとは?Yahooが発行するクレジットカード Oct 24, 2018
【事実】ブラックでも通った‼ヤフーカード(YJカード)審査難易度(期間)とは? Oct 23, 2018
【必見‼】喪明け後におすすめのクレジットカード教えます! Oct 16, 2018

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

Mr.タイガー

Author:Mr.タイガー
暇つぶしに記事を書いています。自分で経験・体験したことなど気ままに書いていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク