FC2ブログ

記事一覧

【検証】「青汁の効果」について調べてみた。青汁大辞典

green-juice-1654582_1280.jpg

普段から青汁を飲んでいますが、その効果について調べた事や自分で実感している効果などを今から青汁を飲もうとされている方のお役になるような情報を書いていきます。

■そもそも「青汁」とは?定義から知ろう!
まず結論からいくと「青汁は生の野菜を絞った汁」が青汁です。
最近は誰もが健康に良い食品と認知している青汁ですが、実はその素材は大麦若葉、ケール、明日葉などの緑色野菜を中心に製造方法も違う様々な青汁の商品が販売されています。

そもそも、青汁というのは本来定義はなにか、辞書には「生の緑葉野菜をしぼった汁」と記されているのですが、一番のポイントは生であることが重要だと思います。野菜に含まれる栄養素は加熱する製法より生の状態で絞る製法の方が酵素が生きたままになる特性を最大限に生かしたものが本来定義される青汁です。

6cda31a810e1465a3f1041376169efa2_s.jpg


■大麦若葉の力

青汁の原料でもある大麦若葉は、健康維持から現在注目を集めている植物です。
ほかの緑色野菜に比べて酵素・ミネラル・ビタミンなどが豊富に含まれ、
さまざまな効能があると言われています。

《大麦若葉の期待できる効果》

〇肌によい美容効果!

そもそもシミ・しわなど肌トラブルのほとんどが紫外線による活性酸素の発生が原因になるようです。
なかでも有害なのが「UV-A」、「UV-B」と呼ばれる紫外線で、一重項酸素を中心とした活性酸素が、
皮膚の酸化やトラブルを引き起こすようです。
肌本来の美しさを保つために体の外からと内からの両方ケアすることがとても大切です。
基礎化粧品などの外からのケアだけではなく、体の内側からケアするために大麦若葉の青汁で改善しましょう。

《体の外側の効果》皮膚の生理作用を活性化

・β-カロチン、GIV(グルコシルイソビテキシン)などの成分で有害な紫外線からお肌を守る。
・大切なタンパク質であるコラーゲンの産生促進作用
・チロシナーゼの働きを抑えメラニン色素の沈着を防ぐ

《体の内側の効果》

・酵素やビタミン・ミネラルは新陳代謝機能を高める
・ミネラルが、酵素の働きを調整する
・血液の酸化を防ぎ血行を促進し内臓機能を活性化する

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s.jpg


〇免疫力アップ・抗炎症作用促進効果!

そもそも人間の体には、生まれながらにして細菌やウイルスなどを認識し、排除する免疫システムがあります。
この免疫のシステムは、本来ある細胞とガン細胞部や外から侵入してきた細菌・ウイルス・を区別し、
悪いものを攻撃・排除してくれます。免疫の本体は血液のなかに存在していますが、なかでも大きな働きをするのが白血球。
マクロファージはそのひとつで、体内に侵入した細菌・ウイルスを取り込み、酵素の力で消化・排除する働きがあります。
大麦若葉には、このマクロファージを活性化させる働きがあることが実証されたようで、今健康素材として注目を集めています。

〇メタボ・高血圧への効果!

「メタボ」ことメタボリックシンドロームですが、メタボ予防と言えば、第一に肥満解消ですよね。
そもそも肥満とは、過食によるエネルギーの過剰摂取や運動不足による消費エネルギー低下などが要因となって、脂肪が過剰に蓄積された状態のこと。
肥満は、糖尿病や高血圧・高脂血症を誘発し、さまざまな疾病の一因となります。
※権威ある学会の研究発表で大麦若葉には脂肪の蓄積を抑える効果が認められているようです。

次に高血圧の要因は、ストレスや運動不足などの生活環境因子が大きく関わっていると言われています。
なかでも塩分(ナトリウムNa)の摂りすぎや過食・偏食などの食生活要因の改善は、高血圧の予防・改善につながる重要ポイントです。大麦若葉には、ナトリウムを排出させる作用のあるカリウムが豊富に含まれ、減塩(減Na)効果のある健康素材として注目されています。

a7df459484ffb32af17c5051beb0646a_s.jpg


〇デトックス効果!

デトックスとは「解毒」「毒消し」「体内浄化」といった意味の言葉です。そして、デトックスには大麦若葉のパワーが効果を発揮します。
野菜不足を解消するには青汁が有効です。本来青汁なら、野菜の生きた酵素やミネラル・ビタミンを効率よく手軽に摂ることができるため
野菜に含まれる酵素やフィトケミカルの働きが解毒に効果があることが実証されており、デトックスの観点からも青汁は非常に効果的だと言えるのです。

〇生活習慣病への効果!

高脂血症と糖尿病が合併すると、冠動脈硬化症(狭心症や心筋梗塞)や脳動脈硬化症につながるリスクが増大しますが、これらのもっとも高い危険因子が悪玉コレステロールの上昇と言われています。また、悪玉コレステロールの酸化は、動脈硬化の進展にも大きく関わり、動脈硬化と悪玉コレステロールの強い関連性が報告されています。
大麦若葉には、この悪玉コレステロールの酸化を抑制させる働きのあるフラボノイドが含まれており、大麦若葉の抗酸化力がすこやかな毎日を守ってくれます。

などなど、色々なお悩みを解消してくれるすぐれたパワーを大麦若葉は秘めているようです。

関連記事
本物の青汁は”生”がキーワード!?生の青汁で健康生活

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

【経験者談】ブラックでも融資の可能性がるキャッシング会社6選! Nov 02, 2018
自己破産経験者が教える、喪中のアメックス審査難易度! Oct 28, 2018
【完全保存版】Yahooカードの利用ガイド|ログイン・問い合わせ・解約・電話・明細・アプリ Oct 28, 2018
知らなきゃ損!2018年yahooカードのキャンペーン情報 Oct 28, 2018
自己破産やクレジットカード取得に関する情報まとめ Oct 28, 2018

最新コメント

プロフィール

Mr.タイガー

Author:Mr.タイガー
暇つぶしに記事を書いています。自分で経験・体験したことなど気ままに書いていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク